フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ビブラート・2・続歴史 | トップページ | ピリオド奏法 »

2008年2月19日 (火)

シュテュットガルト放響定期演奏会1

ネタが古いのはご勘弁を。

2007-2008の第一回目の定期について。

Bred Dean作曲、作曲者演奏による無伴奏ビオラソロの小品で幕を開けた今シーズン。一曲目がソロという破天荒さが私は好きだ。

曲は無調ではあるが、ドラマの構成がよく分かる。またモチーフが最初は単なる短2度だったのが曲の最後で長2度になり、ちょっとした解決感があった。もとベルリン・フィルのビオラ奏者だった彼は楽器を熟知しているだけに、効果的に書かれていようだ。

2曲目はDeanのソロでHindemithDer Schwanendreher (1935). Concerto for Viola and Small Orchestra on Old Folk Songs. C.Ed. III, 4.

ヒンデミットらしい理知的な曲で、民謡が見事にちょっと難解な曲に変身していました。

最後はチャイコフスキーの第5番交響曲。

弦が16-14-12-10-8という大編成の為、19世紀の習慣に則り、木管は倍に増やされました。したがってスコア上では8人しかいないはずの木管は16人になりました。

そしてオープニングのクラリネットを4人で吹きました。

これがまた効果的だった。イントネーションの良さもさる事ながら、音質がやはり厚い。音量が大きいのではない。音質である。CDではどんな出来であろうか。楽しみである。

第一楽章提示部最後のファゴットもそのままファゴットに吹かせていた。米国ではここはバス・クラで演奏される事が多い。クラリネットの下降音型も受け継ぐ形でファゴットがさらに下に下がるのだが、音色がガラっと変わってしまうのと、あの音をファゴットでpppで吹くのは至難の業だからである。

しかしシュテュットガルト放響の一番ファゴット奏者は本番で見事に決めてくれた。

第二楽章、テンポは速め。ソロが粘らない。しかしそれ以上に素晴らしかったのはテンポの移動である。

この楽章、チャイコフスキーはかなり頻繁にテンポの変更を指示している。この指示は、多かれ少なかれ、無視されるか、殆ど変更が感じられない程度に抑えられるのが普通だ。Sir Rogerは徹底的に指示通りにテンポを動かし、見事に楽章の構成上それらが必要である事を証明した。

第三楽章のフレージングの美しさ

そして第4楽章。

圧倒的なスピードとパワー。勝利の最終楽章にこれ以上ふさわしい物はない。

それにしてもノン・ビブラートで良くもまぁこれだけの演奏が出来るものだ。音程の素晴らしさ。特に第2楽章に顕著である。今日、Sir RogerはCDにGoサインを出したようなので、年内中には発売されるだろう。

楽しみだ。

« ビブラート・2・続歴史 | トップページ | ピリオド奏法 »

音楽見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュテュットガルト放響定期演奏会1:

« ビブラート・2・続歴史 | トップページ | ピリオド奏法 »