フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« シュテュットガルト放響国内ツアー | トップページ | シュテュットガルト放響日本ツアー行く前1 »

2008年6月27日 (金)

フルトベングラーが愛した?シェンカー理論

日本ではシェンカーの名はフルトベングラーの名前と伴に扱われる事があれば出てくる程

度だと思います。しかし私が留学していたアメリカでは「調性音楽分析のバイブル」と言っ

ても良いほどに普通に学ばれ、音楽理論家からは神のように崇められています。

日本でも何年か前にべト5のアナリシスが出版されました。しかしまったくシェンカー理論

を知らない人には訳がわからないのではないでしょうか。しかもべト5のアナリシスは残念

ながらシェンカー理論が発展途上にあった頃のものなので、シェンカーを紹介するのに果

たして適当だったのでしょうか。

私の恩師、Charles Burkhartは「なぜ第5なんだ、第9のほうが遥かに素晴らしいのに」と

言って私を困らせました。

私はシェンカー理論とそのアナリシスは素晴らしいと思います。

その理由は我々に要求するからです、全ての音、一音一音を吟味せよ!と。

ですからその素晴らしいシェンカー理論をこれから何回に分けて(不定期になるとは思いますが)紹介したいと思います。

ではまずシェンカー理論で分析すると

「何が判るのか」

から入りたいと思います。

曲の構造が判ります。 

「な~んだ、構造くらい知っている」と言う声が聞こえてきそうですが、もうすこし付き合ってください。

この構造って言うのが何かと言うのが肝心です。

simpleな例を1つ。

記憶違いでなければバッハの平均率の第1巻のハ長調プレリュードの最初の4小節は

I-IV-V-Iというコード進行だったと思います。

もしあなたがこの4つのコードのうち1つを消去しなければならないとしたらどれを消しますか? しかも可能な限り原曲の形を崩さずに、、

答えはIVです。

なぜかと言うと、もし最初のIを消したら、唐突な始まり方になってしまうし、調性感もうすくなってしまいますね。  最後のIを消してしまうとフレーズが終わらなくなってしまいます。

Vを消してしまうとドミナントートニック進行が消滅してしまうので、やっぱり調性感が薄くなります。

ところがIVと言うコードはドミナントにつなぐのが基本的な機能であり、そのようにここでは使われています。

さてここで、この曲のメロディーというか一番上の音はなにかおもいだしましょう。

E-F-F-Eですね。

さぁこのメロディーをI-I-V-Iでひいてみましょう。

まぁokでしょう。 調性感もあるし、メロディーもまぁokってことで。

さて上のことは何を意味するかと言うと

コードには階級(ヒエラルキー)があるということです。 つまり、構造上重要なコードとそうでないコードがあるという事です。

ここで勘違いして欲しくないのは、ここでの階級というのは、

構造上であって、

音楽的には話は

と言う事です。つまり「音楽表現上必要では無い」とは言っていません。繰り返します。

言ってません。それとは別の話です。

また私はIVと言うコードが存在しなくて良いとも言ってないです。音楽をつくるうえでは全てのコードが大事です。あくまでコードの持つ機能に関して階級が存在すると言う事を理解してください。

さて、上記のような行為、つまりコードを階級に従って減らす(Reduction)事を曲全体に広げると楽曲はどんどん骨組みだけになっていきます。つまりどの音もしくはコードが構造上大事であるかが分かってきます。

おもしろいのは、このような過程をへると構造上大事ではない音が往々にしてとても表現的でたまらないと言う事も分かってきます。また、構造上も大事であり、かつ表現的な音も分かってきます。

このようにして楽曲を見ていくとどうしてもその曲に含まれる全ての音を吟味せざるをおえません。すまり、全ての音の意味を知ることになります。

かつて、アメリカの理論家allen forteが、「シェンカーの最大の発見はこのようなlevelが音楽に存在すると言う事を証明したことにある」と言っていました。

levelというのはここでは、ここではそうですね、、段階といっておきます。 つまり、上記のようなreductionの最終の結論に到達するには、段階をへて、徐々に減らしていかなければならないからです。 

この最終結論をシェンカーは

ursatz(ウワザッツ)

と呼び

このウワザッツに付随するメロディーを

urlinier(ウワリニアー)

と呼びます。

この最終結論がどんなものかはあとに譲ります。ただ知っていただきたい事はシェンカーの理論をつかい曲を分析するということは、多くのことを発見するということ。

そして、これは肝心なことなので強調しますが、

ある曲を2人の人間がシェンカー理論をもちいてアナライズした結果が必ずしも一致しないということです。

そうでありながら、どちらも正しいと言う事がありえます。 

したがって、無味乾燥な科学的・数学的な理論ではないということです。

以上駆け足で書いてみました。かなり端折っておりますので、誤解を招くような箇所があるかもしれませんが、それは追々自然と訂正されていくのではないかと願っています。

« シュテュットガルト放響国内ツアー | トップページ | シュテュットガルト放響日本ツアー行く前1 »

音楽理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルトベングラーが愛した?シェンカー理論:

« シュテュットガルト放響国内ツアー | トップページ | シュテュットガルト放響日本ツアー行く前1 »