フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 国際バッハ週間 イン シュテュットガルト | トップページ | 脳と仮想 »

2008年7月25日 (金)

Helmuth Rilling

ヘルムート・リリングとは勿論あのバッハのすべての合唱曲を録音した事で知られる、

あの指揮者のことです。

今年75歳になり、2年後の2010年のシーズンをもって引退を表明している。

去年の彼の演奏に初めて接し、腰を抜かさんばかりに驚いたことを思い出す。

ブラームスのレクイエムであった。

幸いリハーサルを2回見学させていただき、さらにコンサートを聴くと言う幸運にあずかった。

幸運、そう、そうれは本当に幸運な出来事であった。

今もってあれほどの尊敬、いや崇拝を持たれながらリハーサルをする指揮者を知らない。

それでいてリリング氏にはつゆほどのおごりはなく、

ただひたすら音楽に、そして演奏家に、繰り返します、演奏家に

奉仕していた。

リハーサル中にスコアを見ることが殆ど無く、ずうーっと合唱を見つめ続けキューを出し、

必要に応じて止め、的確に簡素な指示を出していた。それはまさに職人芸である。

ブラレクは炎のブラームスであった。圧倒的な推進力を持ったものであった。

しかし誤解していただきたくない、テンポが速かったわけではない。

テンポは妥当なものだ。中庸といってもいいかもしれない。勿論速きは速く、耽溺するとこ

ろは遅くというものだ。にもかかわらず、停滞は絶対にしない。意思的といえばいいのだろ

うか?しかしそれでは何の事だか分らない。

恐らくは曲の構成の理解力が飛びぬけているのだろう。本番も勿論スコアはなし。

余計な事は一切せず。

それにしてもあと2年で引退を考えるような演奏ではなかった。

枯渇と言う言葉は似合わない。まだまだ全然現役でいけると思うのだが、、、

ヨーロッパでは彼の新譜はどしどし発売されている。Bachの再録やハイドン・モーツアルトの新録音(勿論再録も含む)がバシバシ売られている。

日本人は高齢者指揮者を崇める傾向にあると思うが、リリングは掛け値なしにそれに値する。ぜひリリング・ルネッサンスを起こし、引退などと言わず、日本に来て演奏をしてもらいたいものである。

« 国際バッハ週間 イン シュテュットガルト | トップページ | 脳と仮想 »

音楽見聞録」カテゴリの記事

指揮者」カテゴリの記事

コメント

もっとも近々でリリングを聴いたのは、2004年のライプツィヒ・バッハ音楽祭。プログラムは、バッハのカンタータ<主よ、しもべの嘆きにかかずらわるなかれ>BWV105と、メンデルスゾーンのカンタータ<鹿が溪川の流れを慕うように>作品42でした。バッハよりメンデルスゾーンの出来がすばらしく良かったこの日、同じ宿だったリリングにエレベーターでばったりあったわたくしは、すばらしい演奏に対する謝意を述べました。するとリリング曰く「君の褒めているのはメンデルスゾーンのことだね」とのこと。ひどく正直な音楽家だなあ、と思ったのをハッキリと覚えています。

サワタニさん

コメント有り難うございます。そうです。Helmuthは本当に正直な音楽家です。そして話している相手の事も気を使って話します。その音楽への誠実さ、音楽家へのやさしさ(勿論時に厳しく)が彼の演奏ににじみ出ています。尊敬できる音楽家・指揮者です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Helmuth Rilling:

« 国際バッハ週間 イン シュテュットガルト | トップページ | 脳と仮想 »