フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

サイモン・ラトル―ベルリン・フィルへの軌跡

現ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督である、

サー・サイモン・ラトルの伝記:ニコラス・ケニヨン著

クラシック音楽界の流行であるのでまぁ、

目くじらを立てる必要はないのだが、それにしても

演奏家の伝記がここ数年、大変多く出版されている。

伝記などというものは、対照者の没後に書かれるものと子供の頃は

思っていたのだが、、、

それはさておき、

サー・サイモンの伝記だ。

サー・サイモンは「音楽の無い土地:イギリス」(19世紀には実際にこう呼ばれていた)からついに出てきた、

超カリスマ指揮者である。

彼とはドイツで一度お会いしている。

なんというか、、、、カリスマってこういう事なのかなぁ。。。

と思うような面会だった(意味がわからん?)

彼はあからさまに、私の顔を熱心に見ながら話を聴いた。

そしてやおら、あたかも舞台俳優のように自分の意見を私をまったく見ずに3分くらいは言い続けたのである。

その時の仕草たるや、昔見たシェークスピア映画でハムレットを演ずるイギリスの名俳優オリヴィエのようであった。

簡単に言えば、

            大げさ

だった。

さて伝記のほうはいかにサー・サイモンが指揮者になり、

キャリアを積み、

地位を上げていったかが、書かれている。

実は私はアメリカ滞在時代、殆どサー・サイモンの名前を聞くことがなかった。

だからベルリンフィルのシェフに就任したときはびっくりしたのである。

ここではその謎がとける。すなわち、サー・サイモンはアメリカでの

仕事に慎重で、特にニューヨークでは、何度依頼されても断ったのであ

る。

ケニヨンによれば、ニューヨークタイムズによる酷評を恐れたからとの事である。

タイムズ紙で叩かれるとそのあとのアメリカでのキャリアに支障が

出る為、あえて避けた、と言うのである。

懸命な選択とも言えるし、ずいぶん臆病とも言える。

まぁそういうわけでNYには来なかった。

したがって私が耳にする機会はなかったのである。

そうは言っても今ではベルリンフィルとNYに言っているはずだが。

ところでこの伝記、内容が薄い。往々にして対象者が生きているので、

半分宣伝、けなしはNGな物になっているような気がする。

指揮者として共感とか参考になる事も少ない。

これに比べるとギュンター・ヴァントの伝記の内容の濃さに圧倒される。この本についてはいずれ書くが、本当に頭の下がる思いで読んだ。素晴らしい伝記で、演奏家なら必読だ。

と言うわけでラトルファンであってもあまり得るところがなさそうな本であった。

2008年11月11日 (火)

ルノワールは無邪気に微笑む

千住 博著

日本画で世界的に有名な著者が、読者からの質問に答えるという形式の本。

ある意味、芸術家であるならば、彼の言っている事はもうすでに分っている事ばかりだ。

しかし、実際に言語化され、文字にして読む事で気づく事があるのも事実。

一つだけ例を。。。

Q.これからの人生で、「これだけは作品にしないと、死ぬに死ねない」というテーマ、        

 場面、風景はありますか?

A.「~(前略)~、大きく言ってしまえば「これだけは作品にしなければ、死ぬに死ねない」と

毎回思って描いているのです。しかし~(中略)~本当のところ、完璧までには至らなかっ

たと描き終えてみて何となく思っているのです。そうしてみると画家にとって現在を生きると

は未来に完成する作品作りにいま励んでいるわけで、つまり未来を生み出しつつあるとい

う感じこそが現在、と言う事でしょうか。」

画家だけの思いではないはずである。演奏家でも同じ思いがあるだろう。

今目の前にある曲に打ち込み、可能な限り理想の演奏への挑戦をする。

録音などする時は、やはり後世に残る物をつくるのだから。

しかし最近の若い演奏家のなかには、これは「通過点」的な発言をレコーディングに対し

てしているのを見かける。

千住氏の話を聞いてみよう。

千住氏: 「本当は将来これを描きたいんだけど、仕方なくその前にやっておくことがあるので、それをやる、という行き方は少しも現在を生きることにはならず、これはすでに過去の延長を生きていることにほかならない、(後略)」

CDの売り上げが落ちる?ミリオンセラーがでない?

当たり前じゃぁないですか?

2008年11月 7日 (金)

Steve Reich

スティーブ ライヒは今全世界でもっとも注目されている、アメリカの作曲家である。

日本では、ライヒは、そんなに演奏されてないかな? 

彼はミニマル音楽(反復音楽)の先駆者の一人である。

ライヒは、ミニマリズムがいかにマキシマリズムでありえるかをもっとも魅力的な方法(ここが他人と違うところ)で提示して見せました。 

つまり、超反復音楽がいかに超多彩な音響表現を可能にするかという事である。

ライヒのあと、ミニマル作曲は雨の後の竹の子のように現われました。

しかしライヒの音楽を私は極端に好むのです。

なぜかな? 

たぶんそれは、彼の音楽が、嵐の様な繰り返しをしていても単調にならないからだと思うな。 

彼の音楽は世界中で演奏されています。 cdも多いです。 

variations(you are)は現在わたしのお気に入りなっています。

夜疲れた時に、目をつぶって、彼の音楽の持つビートに身をまかせていると、

少しずつエネルギーがわいてくるのです。 

variations(you are)のcdはお勧めします。

ぜひ、おためしを。 

ちなみに彼の初期の曲は、もっと前衛的です。

これらは、とてもとっつき易い前衛です。 

もし興味があったら、 City Life, Tehillim, 8lines,The desert music,などがお勧めです。 

あと、counterpoint シリーズと phase シリーズもお勧めです。

エレギの名手 パット メセニーのためにかかれた New York Counterpoint、

いい曲です。

Please enjoy現代音楽!

レコーディング Remembered! 4 

めでたく終了しました。

ところが、編集する機械が壊れたとかで、いまだに編集は終わっていないらしい。

発売は、、、、するんだろうか、、、、

レコーディング Remembered! 3

この頃、ニューヨーク在住のコントラバス奏者(いとこです)から言われました。

曰く

「こっち法律でリハーサルは一回3時間迄とし、その3時間の間に30分の休憩をはさまなければならない」

そんな休憩は、、、、、、、、、、、、、、、、、なかった。

6時45分から夜中の12時半まで、一回の休みも無く、

コーヒーとチョコレートしか口にいれず、

ほぼ規定の倍である6時間連続労働でした。

最後のほうはさすがに膝が、半分笑ってた。 

さて、夜中の12時15分頃、突然ハープを弾いていた最年長のスーザン ジョールさん

(高名なハーピストでMETで仕事をしていました)が、昔話を始めました。 

曰く 「私があのグラミー賞をとった ジョージクラムの曲を録音した時なんか、徹夜しても終わらなかった。私は徹夜明けのままお昼のコンサートをやってからスタジオをに戻ってきて録音を再開したのよ。」 

この話が皆に勇気を与えたのは言うまでもない、、、はずだった。

一人だけ、この話を聞いて、切れてしまった。

彼女は言った。

曰く、「私は12時まわると思考回路が停止するの!」

そして帰っちゃったのでした。

12時30分、レコーディングは、あえなく終了した。
それにしても、体力勝負な世界ですね。

レコーディング Remembered! 2

オぺラなので、テンポがガンガン変わります。 
しかも相当微妙な、難し変わり方をします。 
例えばメトロノームで46の速度から突然48になります。
びみょーです。 
この違い、もしメトロノームをお持ちでしたら、試してください。
本当にすごーく微妙に早くなるのです。
46から60なら、ハッキリ速くなるんですがねー。 
マーガさんはこの微妙な変更が好きなようで、そこらじゅうに有ります。
さて私はどうしたでしょう? 
本当にすごーく微妙に指揮棒のスピードを早くするのが理屈に会うでしょう。
ところが、そうしたら、速くなり過ぎちゃったんですよ。
そこで、指揮棒のスピードを全く変えずにやってみました。
するとなんと!
うまくいきました。
つまり、全員早くなろうとして走り過ぎるところを、抑制する効果が指揮棒のスピードをか
えない事で生まれたのです。 
全く指揮するってことは、
                   心理戦
なのさ。

レコーディング Remembered! 1

ちょっと古い話で恐縮だ、、、2006年5月の話、、
アメリカの女流作曲家 Marga Richter(マーガ リヒター)さんのオペラ、
Riders to the sea
の録音をした時の話。
ニューヨークの教会での録音。
大変でした。
飛行機や、車のクラクションの音や、はたまた隣で、打楽器アンサンブルは、リハーサルするは。。。
マイクセティングのために果てしなく何回も同じところを演奏させられたたり。
他にもいろいろなトラブルがあり、結局、レコーディングに費やした20時間は、パーです。
 
たかだか一時間のオペラなのに、、、
特に問題だったのは一部の歌手!
アコーディオン弾き!
歌手はちゃんと練習してきてないのか、音がとれない!
アコーディオンのおっちゃんは興が乗ってくるとすぐ大声で自分のパートを歌う!
かわいそうなマーガさん。 
9月にもう一度やる約束をしてとりあえず、エンド。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »