フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 第9のライブ2 | トップページ | 迎春 »

2008年12月28日 (日)

シュテュットガルト放響定期ファイナル

日本ツアーから帰ってきたオケは続けてサー・ロジャーと地元でコンサート。

日本は楽しかったようでサー・ロジャーは元気溌剌。

今回のプロは

バッハ: 管弦楽組曲1番

ベルグ:ヴァイオリン協奏曲

メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」

リハーサルを始める前にいきなり

「良くあるフェイクとは違うからな。」

解ってますよ。待ってましたって感じです。

録音されましたので、発売されたら聞いてください。これが本当のピリオド奏法。

大体、ジャーナリストが悪い。

なんでもかんでもピリオド奏法って言うのはおかしい。

アーノンクールのブラームスはピリオド奏法とは縁もゆかりありません。っていうか、

彼はもうピリオド奏法の旗手ではありません。

ハーディングは一部、本当に一部だけ使用してます。

ラトルはベートーベン以降の音楽ではまったく使用してないでしょう。対抗配置くらい?

音をなんでもかんでも短くして、テンポ速くて、さわやかで、強弱のメリハリがあって

ビブラートを抑制していればピリオド奏法

、、、、、、、、、、ではない!!!!!!

はっ!

バッハに戻ろう。つい興奮してしまった。

ダンスのテンポを考慮した妥当なテンポ。

短すぎないけど、レガートでもないアーティキュレーション。

音型にそったフレージング。

よって流れるように推移するダイナミクス。

そして的確に足された装飾音。

モダン楽器ではこれ以上は望めないフェイクではない、本物のピリオド奏法が

ここにある。

でも、ノンビブラートばかりが取り上げられるのは本当に不本意だ。

全ての要素がそろっている真正のピリオド奏法なのに。

書くほうの人間に知識がないから仕方が無いかもしれないが、(大変素晴らしい方もいらっしゃいますが、いかんせん少なすぎる)それにしてもあまりに無責任。

演奏家達が古楽から影響を受けているのは間違いないが、、、、

間違ってるんだからしょうがない。

やめてください。ピリオド奏法って言うの。そんな単語でなんの説明になるのか?

知らない人にはわからない。しかも本物をしらずに歪んだ知識になる。

批評家はそうやって適当にすませず、ちゃんと説明しろ!

嫌なら書くな。批評家としての倫理観と責任感をちゃんと持て。

全然違う話になってしまった。

まぁバッハはこれくらいで次はベルグです。

« 第9のライブ2 | トップページ | 迎春 »

ピリオド情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュテュットガルト放響定期ファイナル:

« 第9のライブ2 | トップページ | 迎春 »