フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« ブラームス作曲交響曲第一番 | トップページ | 花見 »

2009年3月28日 (土)

モーツァルト作曲 「魔笛」

曲冒頭:

Adagio

しかし

拍子記号がCut timeつまり2/2ですね。

つまり遅い2拍子なんですよ。

だから4つ振りまではありですね。

でもね、良く聞くのはあの冒頭のコード、

16分音符があたかも4分音符のように鳴り響くことですね。

幾らなんでも遅すぎやせんかな?

16分音符が4分音符みたいに鳴り響く!4倍の長さに聞こえる!

しかも、4小節目からこの冒頭の倍速いテンポになるでしょう。

だからテンポが安定するのにえらく時間がかかる印象があるんだね。

私の考えでは4分音符64~77くらいだと思う。

77だと本当に緩やかな2拍感がでてくる。

しかしちょっとアクティブな感じが勝りすぎる感じがしないでもない。

60の上のほうだと程よく厳かな感じでてくる。

それ以下は個人的には遅すぎると思う。

それと何が何でも2拍でやろうとすると速すぎます。

Adagioです。

だからポイントは冒頭の16分音符を遅くひきすぎない事。

推薦版:

ジェームズ・コンロン指揮、ヨーロッパ室内管弦楽団

映画「魔笛」のサウンドトラック版なんですが、

序曲最高です。ベストです。テンポ・バランス、そして勢いがすごい。

まさにこれから面白い劇が始まるよ、と期待させてくれる。

残念なのは、抜粋であり、しかも、、、、英語版です。

映画のサントラだからしかたないか、、、、、、

頑張ってこのコンビでぜひ全曲原語版で御願いしたい。

« ブラームス作曲交響曲第一番 | トップページ | 花見 »

音楽見聞録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト作曲 「魔笛」:

« ブラームス作曲交響曲第一番 | トップページ | 花見 »