フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

山田一雄著 「一音百態」

通称「ヤマカズさん」という指揮者の方がお書きになった伝記のような本を読んだ。

大変失礼な事だが、私はこの方を存じ上げなかった。

今まで実演はおろか、録音すら聞いたことがなかった。

しかしここのところ生前の「ヤマカズさん」をご存知の方にお会いしてお話を伺った。

マーラーの「千人」やストラビンスキーの「春の祭典」の日本初演や現代音楽擁護など、

日本音楽会になくてはならない方、発展に寄与された方と伺い、興味を持って

「一音百態」を読んだ。

戦前・後の日本の音楽界の事が興味深い。

「ヤマカズさん」が学生のころは、音楽家の地位は低かったそうである。

これはちょっと驚きだ。明治維新によって日本は西洋化・西洋近代化をはかり、

クラシック音楽自体はむやみに崇められていたのではないか、

そしてそれが今でも続いている、、というようなことを思っていたからだ。

自分の不勉強を恥じ入るばかりだが、では現在の敷居の高さは一体いつ頃から、

また何が原因で始まったのだろう?

話を本に戻そう。

日本で始めてチャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖」を全曲バレエ公演する時、

オケ譜が手に入らず、「ヤマカズさん」がバレエ練習用のピアノ譜からオーケストラ用に

編曲されたという。しかもかなり長い間使われていたという。

これなども今では信じられない状況であるし、またぜひ聞いてみたい。

「ヤマカズさん」はバレエ無しでも十分堪能できるよう、編曲には工夫を凝らしたことを

書いておられる。チャイコフスキーとの違いを知るのもさりながら、

ピアノ譜からの編曲というのが興味をそそる。

戦後の日本の音楽状況にはちょっと不満がおありになったのだろうか。

ここのくだりは面白いのでちょっと引用させていただく。

     プロの人たちの技術的完璧主義は貴重なことながら、

     技術だけが一人歩きしては、恐ろしく冷淡な存在にもなりやすい。

     技術はあっても、「人間の肉体」がそこにあるという実感が伝わらない。

     肉体の一部(例えばだけ)が芸術家であり、「演奏」という表現を単なる

     「技術なり」と理解してしまうのでは、やはり音楽の原点から外れているように

     思う。

      

やはりこういう時期、つまり技術偏重の時期があったのだろう。

しかし、「指だけ」という表現はまったく的を得ていて、笑ってしまった。

最後のほうは「心」に関する想いが重点を占めていて、当時の技術的完璧主義が如何に

のさばっていたかがうかがい知れる。

さてもし「ヤマカズさん」がご存命だったら、今の状況をどう思われるのだろう。

近年、ソリストの技術的完璧度はさらに上がる一方ではなかろうか。

そしてレパートリーの固定化が進み、指揮者無し演奏できる曲は増える一方である。

「ヤマカズさん」が思われるような音楽の原点は、今でも存在しているのであろうか?

2009年7月22日 (水)

訃報:若杉弘さん74歳…新国立劇場オペラ芸術監督

http://mainichi.jp/select/today/news/20090722k0000m040113000c.html?inb=tw

お亡くなりになってしまった。。。。

日本に帰ってきて一年。

彼のコンサートを結局聞く事はなかった。。。

渡米前の93年頃にも聴いていない。

今年は絶対一度はと思っていたのに、、、、

日本の誇る素晴らしい指揮者でした。

都響とのマーラー一番、ブタペスト初演稿のCD、愛聴版でした。

かえすがえすも残念。

自分の腰の重さを悔やむしかない。

冥福をお祈りいたします。

2009年7月 6日 (月)

ドイツの出版社に物申す。まぎらわしい事限りなし。

今日は久しぶりに渋谷へ行き、Tower, HMV, YAMAYAをはしご。

YAMAHAでスコアをぶらぶら眺めていたら、今度やるブラ2のフルスコアを発見。

取り出してみたら、BREITKOPF版。

ふにゃふにゃしたpaper boundで、言ってみれば、

ポケット・スコアをそのまま大きくした感じ。

「わざわざ一万円もだしてこんなチャチなスコアでは、誰も買わんだろうに」

と思いながら中を見たら、、、なんと、、、、

Henleのcomplete editionだった。

Pascall校訂による最新版である。

慌てて巻末を見た。もしこれが本物のHenleのものと同じなら、

校訂報告があるはずだからだ。

そしてそこにあったのは、

Henleから出版されているスタディ・スコア用に載っているものと同じであった。

つまりこのBreitkopf版は、Henleのスタディ・スコアをそのまま大きくしたものと言ってよい。

ただ大きくしただけで、値段は3倍である。

しかも、Breitkopfから出ているブラ2のスタディ・スコアは普通のBreitkopf版で、

Henleとは関係がなかった。

なぜこのような事をするのかわからない。

他にも例えば、、、、ハイドンの新全集もHenleからなのだが、

交響曲のばら売りスコアはBärenleiterから発売されている。

つまり、本家のスコアは豪華版でしかも一冊のなかに複数の交響曲を含んでいる。

だから一曲だけ欲しいときはBärenleiterから買うしかない。

しかし全曲ばら売りはしてない。痛い。

と言う訳でドイツ系出版社から出ている全集のばら売りは必ずしも、

同一出版社から出るわけではなかったりするので、いつも色々と見なければならない。

Breitkopfにいたっては、ベートーベンの交響曲の新全集を自前で作っておきながら、

HenleのBeethoven全集から交響曲をばら売りしている。

自分のところの出版物とおもいっきりぶつかってますヤン。。。

なんでこんな事をするんだ~!

1926年録音、メンゲルベルグによる、マーラーのアダージェットです。

どうぞ、ポルタメントをお楽しみにください。

2009年7月 5日 (日)

ハイパー・メーターとフレーズ・リズム ①

「ハイパー・メーター (Hyper Meter)」(以下HM)の説明から始めよう。

直訳すると「超拍子」。だから拍子(4/4とか3/4)に関係があります。

簡単に言うと、1小節を1拍と考え、拍子記号のように、規則性が感じられる場合を、

この曲・楽章のHMとします。

例を上げましょう。

解りやすくて有名な例は第9の2楽章。

この楽章は3/4ですから、正確というか、理論的に言えば、3拍子の曲です。

しかしこの楽章は快速テンポで演奏しますね。

したがって1小節を1拍と感じられるでしょう。

そうすると自然に4小節が1ユニットに感じられ、4拍子の音楽に聞こえます。

曲の途中でベートーベン自身が3拍子への移行のために

ritmo di tre battute. 

と書いていますね。

HMとはこのように、通常の拍子記号よりも大きい楽節をユニットと考えた場合に立ち上る

拍子の事を言います。

ですから、フレーズ(注)が非常にパターン化している場合は、

フレーズの長さとHMは一致します。

上記の例もそうだし、他には「新世界」交響曲、

特に第4楽章などはその顕著な例でしょう。

ただし、例外もありますし、また人によって感じるHMが違う事もあります。

HMをまったく感じられない曲もありますし、HMが頻繁に変わる場合もあります。

HMが変わる場合でも拍子記号そのものは変わらないのが普通です。

HMはこのように、多くの変化を伴う事があります。

したがって、演奏者がどのようなHMを感じているかで、フレーズの長さや、

フレージングが変わってきます。

本稿はでは、

有名な曲を使って、HMがどのように解釈に関わってくるかを検証したいと思います。

手始めに、次回は

モーツァルト 交響曲第40番ト短調から第一楽章とメヌエットを取り出し、

如何にHMが解釈に繋がってくるかを検証したいと思います。

(注)このフレーズという単語は非常に曖昧で多義的すぎます。フレーズとフレージング。まったく意味が違う言葉です。 本稿では意図していませんが、限定された定義を与える必要があるように思えます。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »