フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 訃報:若杉弘さん74歳…新国立劇場オペラ芸術監督 | トップページ | ヤマカズさんのCDとベートーベンの第9 »

2009年7月31日 (金)

山田一雄著 「一音百態」

通称「ヤマカズさん」という指揮者の方がお書きになった伝記のような本を読んだ。

大変失礼な事だが、私はこの方を存じ上げなかった。

今まで実演はおろか、録音すら聞いたことがなかった。

しかしここのところ生前の「ヤマカズさん」をご存知の方にお会いしてお話を伺った。

マーラーの「千人」やストラビンスキーの「春の祭典」の日本初演や現代音楽擁護など、

日本音楽会になくてはならない方、発展に寄与された方と伺い、興味を持って

「一音百態」を読んだ。

戦前・後の日本の音楽界の事が興味深い。

「ヤマカズさん」が学生のころは、音楽家の地位は低かったそうである。

これはちょっと驚きだ。明治維新によって日本は西洋化・西洋近代化をはかり、

クラシック音楽自体はむやみに崇められていたのではないか、

そしてそれが今でも続いている、、というようなことを思っていたからだ。

自分の不勉強を恥じ入るばかりだが、では現在の敷居の高さは一体いつ頃から、

また何が原因で始まったのだろう?

話を本に戻そう。

日本で始めてチャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖」を全曲バレエ公演する時、

オケ譜が手に入らず、「ヤマカズさん」がバレエ練習用のピアノ譜からオーケストラ用に

編曲されたという。しかもかなり長い間使われていたという。

これなども今では信じられない状況であるし、またぜひ聞いてみたい。

「ヤマカズさん」はバレエ無しでも十分堪能できるよう、編曲には工夫を凝らしたことを

書いておられる。チャイコフスキーとの違いを知るのもさりながら、

ピアノ譜からの編曲というのが興味をそそる。

戦後の日本の音楽状況にはちょっと不満がおありになったのだろうか。

ここのくだりは面白いのでちょっと引用させていただく。

     プロの人たちの技術的完璧主義は貴重なことながら、

     技術だけが一人歩きしては、恐ろしく冷淡な存在にもなりやすい。

     技術はあっても、「人間の肉体」がそこにあるという実感が伝わらない。

     肉体の一部(例えばだけ)が芸術家であり、「演奏」という表現を単なる

     「技術なり」と理解してしまうのでは、やはり音楽の原点から外れているように

     思う。

      

やはりこういう時期、つまり技術偏重の時期があったのだろう。

しかし、「指だけ」という表現はまったく的を得ていて、笑ってしまった。

最後のほうは「心」に関する想いが重点を占めていて、当時の技術的完璧主義が如何に

のさばっていたかがうかがい知れる。

さてもし「ヤマカズさん」がご存命だったら、今の状況をどう思われるのだろう。

近年、ソリストの技術的完璧度はさらに上がる一方ではなかろうか。

そしてレパートリーの固定化が進み、指揮者無し演奏できる曲は増える一方である。

「ヤマカズさん」が思われるような音楽の原点は、今でも存在しているのであろうか?

« 訃報:若杉弘さん74歳…新国立劇場オペラ芸術監督 | トップページ | ヤマカズさんのCDとベートーベンの第9 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田一雄著 「一音百態」:

« 訃報:若杉弘さん74歳…新国立劇場オペラ芸術監督 | トップページ | ヤマカズさんのCDとベートーベンの第9 »