フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月24日 (土)

youtubeでニューヨークフィル2009-2010シーズン オープニング・ガラを見て・3

それにしてもすさまじい演奏ですね。

まぁ、勿論youtubeですから、音質は本当の所はわからないし、

音色だってこうではないでしょう。

しかし、傾向はわかるはず。

なんとまぁ、変わってしまったことか。

これは私が知っているNYフィルの音ではない。

この、、、ザラザラというか、ギラギラした音色。

これを聞いて『美しい』という形容詞を使う人は入ないのではないか。

アメリカのオケはもともとあんまり『美しい』という系統ではなく、

『ダイナミック』とか『パワフル』とかで形容されがちだと思うが、

それにしてもこれは一体、、、、、

『荒々しい』演奏だ。

しかし『雑』ではない。

ひとつには、短いアーティキュレーションが、

もうひとつには、リズムの激しさが、

起因していると思う。

また音圧(こういう表現が適切かどうか、、)が凄まじい。

音を当ててだし、そのまま抜かずに行っている感じだ。

『音色の多彩さ』とか『繊細さ』(ボストン響の為に)

とか

『豊饒さ』とか『ゴージャス』(フィラデルフィア管の為に)

とか

『輝き』とか『豪快』(シカゴ響の為に)

とか

『綿密』とか『精密』(クリーブランド管の為に)

とかの形容詞は使えない。

やはり『荒々しい』としか、言えないような『若武者』の演奏だ。

あえて付け加えるなら『かっこいい』だろう。

表現の求心性に、かつてのバーンスタイン・NYフィルを思い起こさせるものがある。

しかしその表現は内向きではなく、あくまで外に向かって、

吐き出されている。

搾り出されるような激しさ。

にもかかわらず、ギルバートはなんと、『普通』に指揮しているんだろう。

棒は基本的にに『打点』はクリアーで見失いようが無い。

そうすると、これはEvery Fisher Hallという、

世界でも有数の音響の『悪さ』を誇るホールで弾いてきたことによる副産物なのだろうか。

どちらにして、私にはとても魅力のあるオーケストラの音であり、表現だ。

勿論、始まったばかりの関係だから今は良いに決まっている。

あとはこれが続くのかどうか。

来日公演はまったく行ってないので、Liveでどうなるかわからないが、

録音も含めて(でるのかなぁ。。。)、

楽しみにしたい。

2009年10月15日 (木)

ティーレマンの去就

どうやら2012年からファビオ・ルイージの後任として

シュターツカペレ・ドレスデンのシェフになるようですね。

『夢のようだ』

との事。

まぁ、合ってる、、かなぁぁぁぁ。

2009年10月12日 (月)

youtubeでニューヨークフィル2009-2010シーズン オープニング・ガラを見て・2

ギルバートにはがんばってもらわねばなりません。

ニューヨークのこの大英断が成功すれば、他の大楽団、すなわち、

シカゴ、ボストン、フィラデルフィア、クリーブランド(かつてのBig 5)も、

重い腰を上げると思われます。

これは本当に重要なのです。

私見では現在、これらのオーケストラのシェフになれる、

いや、

なってさらに多くなって欲しい、その可能性を秘めた指揮者が何人かいます。

しかしBig 5(この名称がむなしく響くようになったのはいつだろう?)は見向きもしない。

ボストンはジェームズ・レバインとあま~い生活を送くれると思っていたのだが、この数年

レバインの身体はぼろぼろで、入院を繰り返しています。

先日もカーネーギー・ホール定期をキャンセルしました。

その際にボストン・シンフォニーがとった行動は、

『優秀なアシスタントをデビューさせる』ではなく、

たまたまニューヨークに来ていたダニエレ・ガッティを招聘する事だったのです。

一体どこまで若手を無視する気なのか。。。。

シカゴが捕まえたのはムーティですね。

あのフィラデルフィアを投げ出した男ですよ。

その以来フィラデルフィアは低迷を続けています。

唯一、クリーブランドはヴェルザー=メストとともに、良い関係にあり、

オケの状態も良いようです。

ヴェルザー=メストはムーティやレバイン、バレンボイム等よりはるかに若い事を

考えるにつけ、新しい感性を取り入れる事の重要性を痛感せざるをえません。

誤解の無いように言いますが、ムーティやレバインがへぼと言っているわけでは

ありません。

オーケストラのマネージメントの方に、もっと目を向けるべき若手・中堅を探し、

一緒に変わっていこうとする意思が無ければならないと言っているのです。

そうでなければ、アメリカ音楽界は良くならない。

若くて才能があり、能力があり、想像性、創造性もある指揮者達があの巨大な

大陸をかっぽするようになれば、この元気の無いクラシックという世界に、

大きなうねりが生まれると思うのです。

前回からの続き

2009年10月 9日 (金)

デニス・ラッセル・デービス/ハイドン交響曲全集

デニス・ラッセル・ディヴィス指揮

シュトゥットガルト室内管弦楽団の演奏。

レーベルがSONY。

録音:1995~2006年。

CD37枚組。

だいぶ前に注文し、発売延期を2度やり、そしてついに届きました。

送料込みで6157円。

解説によると、CDに収められた曲順は、作曲された順番だそうで、

最近のリサーチの結果が反映されているとの事。

ただし!

『これで絶対間違いないなどという決定的な順番ではない』旨も記載されています。

ふむ、用心深いね。

さてデービスとシュトゥットガルト室内管は

『Haydn-Spass-Reihe』(ブックレットのドイツ語部分より)

『Haydn is fun』(ブックレットの英語部分より)

『ハイドンは愉快だ』(筆者訳)

というまさに完璧なタイトルを掲げ、

10年がかりで全交響曲を同じ場所(メルセデス・ベンツ・センター)で演奏するという、

ハイドン啓蒙活動を実施したのです。

したがって、確認してませんが、このCDは基本的に全部ライブ録音という事でしょう。

だたそれならそれで、その事についてもっと宣伝されても良いような気がするのだが。。

ドイツ滞在時にこのコンビのポートレート的DVDをチラ見しました。

その中で、今回のCDの元音源になるライブの模様がすこし見れました。

ものすご~く激しい演奏で、熱くなりました。

その時の印象が残っていて、とても大きな期待をしています。

勿論、107曲全部を激しく演奏するわけはないでしょう。

デービスはその辺のバランスは取ってくるはず。

彼ならやってくれるでしょう。

と期待しつつ、また一つも聞いてません。

いつのことやら、、、、

追記:

『CD21枚目のトラック3、3:49-50に編集ミスによるものと思われる

まったく関係ない曲の一部が突然鳴る』という書き込みを見つけました。

確認したところ、私のCDもそうなっていました。ご確認ください。

2009年10月 8日 (木)

youtubeでニューヨークフィル2009-2010シーズン オープニング・ガラを見て・1

ニューヨーク・フィルのシーズンが始まった。

今回のシーズンは特別の感慨がある。

なぜならAlan Gilbert(アラン・ギルバート)時代が始まったからだ。

マズーアの後任にマゼールが決まったとき、私は怒り狂ったものだった。

『なんでわざわざマズーア切ってマゼールなんだ!!マズーアが立て直してくれたんだから、託すなら若手・中堅で行くべきだ。今更マゼールってなんだよ。本当にアメリカのオケは老人好きだなぁ』

その時私の中では何人かの若手・中堅アメリカ人指揮者の名前があった。

あれから何年経った?かは忘れてしまった。

私がニューヨーク・フィルの音楽監督になる力があると思っていた指揮者達は

大きく成長している。

そんな時に発表された人事に私は興奮した。

『やっとアメリカの楽団もアメリカの個性と才能を伸ばす気になったか。』

この人事は成功しなければならないのである。

Opening Night Gala( 1/8 ) New York Philharmonic Orchestra Symphonie Fantastique

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »