フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« お辞めになるそうです。 | トップページ | ノリントン来日せまる。 »

2010年4月15日 (木)

シューマン作曲:オペラ『ゲノフェーファ』作品81(完) 序曲について

下記で序曲のスコアを閲覧できます。

http://imslp.info/files/imglnks/usimg/0/02/IMSLP52452-PMLP22451-Schumann_op.081_Genoveva_Overtuere_fs_RS6.pdf

冒頭弦楽器とホルンがGだけで演奏します。

しかし2拍目に和音になりますが、なんと9th chordです:G-Bb-D-F-Ab

静かに入って1st Vnが4拍目にsfppでAbを。管楽器も短い<>で一瞬和音を強調します。

G-Abの衝突は一瞬とすべきでしょうかそれともはっきりと聞き苦しいソノリティを残すべきでしょうか。

それにして冒頭にいきなり9th chordをもってくるなんて、、、

ベートーベンが第一交響曲をdominant 7thで始めるというかなり破天荒なことをしたのが1800年。

「ゲノフェーファ」は1850年。50年という年月は語法が変わるのには十分な時間なんだなぁ。。。

さてこのG-Abによって生み出されたテンションは2小節目の最後で1st VNがAb-Gと弾いたところで一息つける

程度に軽減されるわけですが(軽く解決した感じ)、実はまだ終わらない。

4小節目のチェロのDbがバス線のCとぶつかっているのは言うまでもありませんが、

6小節目のやはり1st VNをご覧ください。

再びAbです。しかし今回はDb Majorの上ですから協和音、

しかし次の小節では真性のアポジャトゥーラになります。

私見ではこのAb→Gというモーションがこの最初の7小節の緊張感を持続していると思います。

言ってみればAbは演奏されていないときでも存在し、7小節目の2拍目でついに解決したのです。

7小節間にわたら大きな「ため息」という感じでしょうか。

勿論さらに詳細に見れば短2度の存在が目を引きます。

第5-6小節のクラリネットと1st VNを見てみましょう。

クラリネットが半拍先行する形で1st VNと同じメロディーを吹きます。

特に6小節目はクラリネット先にAbに行き、半拍遅れてVnがつづきます。

つまり一瞬G-Abが同時になります。

そしてG→Abという「逆ため息」が発生します。

ここをはっきり聞こえるように演奏する事でAbの緊張を思い出させる効果があるでしょう。

話が細かくなりすぎました。Ab→Gに関してはもう一箇所だけ見てください。

それは26小節目です。

さてこの項はシューマンの痛みをどう表現したかでした。

あと一つでけお付き合いください。

まずはごらんになっているPDFだと6ページの最後の小節からになります。

とりあえずオーボエとフルートを追っかけましょう。

C-G-Bb-Ab-F-F-Ab-G-F#-G-Ab-A-Bb

ですね。

さて同一箇所の1st VNをご覧ください。

C-G-Bb-Ab-F-F-Ab-G-F#-G-Ab-A-Bb

まったく同じです。

しかしリズムが違う。

3連符一音分ずれてます。

これは正直かなり気持ち悪いですし、演奏効果としても良いとは思えません。

しかし、、、、

このような「ずれ」こそが、何かを物語っていないでしょうか。

もっとお話できることはありますが、あとは企業秘密という事でお願い致します。

では。。。。

« お辞めになるそうです。 | トップページ | ノリントン来日せまる。 »

R.Schumann」カテゴリの記事

Opera」カテゴリの記事

コメント

シューマンの「ずらし」は彼のオーケストレーションには例外なく出てきますが、ピアノのペダル効果を狙った気がします。
音の頭は、したがってシンコペ側は重要ではなくて、持続の方をどう聞かせるか、なのかも。

冒頭部は思い切りぶつけるか、マズアのように解決するか、なのでしょうか。

素人にはなんとも!!!

そ、そのオペラのオーディション。受けるべきかな?
なんてタイムリーな。
我々は絶対何かでつながってるね。

kenさん

>>シュューマンの「ずらし」は彼のオーケストレーションには例外なく出てきますが、

そうですか?
例えば第2交響曲では何処ででますか?

ちなみに第一楽章練習番号Eからの部分はこの曲のように旋律ずれ起こしているわけではありません。


>>ピアノのペダル効果を狙った気がします。

ペダル効果には聞こえたことが無いです。同じ音が続けて2度鳴る事はペダルではおこりませんので。

>>したがってシンコペ側は重要ではなくて、持続の方をどう聞かせるか、なのかも。

大変申し訳ありませんが、ご説明ください。この曲の場合は「ずれ」ている方も音は持続しています。この文からすると遅れて弾いているほうはスタッカートか何かで音を保持していないというように読めます。しかしこの曲では両方ともに音を保持しています。

上記した第2交響曲の箇所なら仰る意味はわかるのですが、、

はぶさん

先日はお疲れ様でした。

東京室内だよね。見に行くつもりです。
オーディション受けて欲しいけど、少し低いんじゃぁないかな。はぶさんには。

ボーカル・スコアは下記でどうぞ。

http://imslp.info/files/imglnks/usimg/c/ce/IMSLP24080-PMLP22451-Schumann_Genoveva_vs_Act1.pdf

別に喧嘩を売るつもりではないのに、ご意見ではなく、当てはまらない曲でご疑問を呈されてもお答えは出来ませぬよ〜〜〜!
第2番には害労する場所がアルトは思っておりませんし。

ご勘弁下さい。

「そうは聞こえないから」
というのではなく、第2でお引きのような例示で、むしろご指導下さいませ。

kenさん

>>>喧嘩を売るつもりではないのに

。。。。そんなにけんか腰な書き方を私がしたのであれば、謝罪します。そんな気はありません。
ただ前コメントに書きましたようにkenさんのコメントが理解できないのです。kenさんのような博識な方からのコメントはぜひ理解したいと思い、あのような質問ぜめになりました。


特に、繰り返しになりますが、

>>持続の方をどう聞かせるか、なのかも。

持続と書かれてますね。ここが分かりません。音を持続するという風にしか思いつきません。つまり音を保持し、切らない。したがって、持続しない方もあるという意味に取れます。文脈から持続しないほうは後から出る方、kenさん流に言うならシンコペ側ですね。

私は上記のように理解しました。
しかしご存知のように「ゲノフェーファ」ではこれは当てはまりません。しかし頂いたコメントの流れで考えれば

>>>彼のオーケストレーションには例外なく出てきますが

という部分は、「ゲノフェーファ」と同じような部分が「例外なく」あると取れます。ですから第2であるかなと思ったまでです。私の不勉強は今に始まったことではありませんから。。。。

他の曲でも結構です。あるならご教授ください。

ところで上述したようにkenさんのコメントをあのように理解したため、第2のリハーサルEの部分は該当するのではないかと思ったしだいです。

kenさんはEからの弦と管の部分をペダル効果を狙った部分とお思いですか?
私は、前のコメントにも書きましたが、
ペダルを押しても同じ音が続けて2度鳴る事はないので、ペダル効果だとは思っていません。

お考えをお聞かいただければ幸いです。


あーよかった!!!

細かいことが分からないのでニュアンスで書いた点は要反省でしょう。ごめんなさいね。各論はするつもりはないのです。(ですので、不協和音程のお話は逃げました。)

ただ、音響の設計で言えば、一般論として、たとえば昨年訳書の出た「ショパンの音楽記号」(セイモア・バーンスタイン)に綴られているところから窺われる音響世界については、ピアノの世界に特化されている上に、ブラウンに比べると総合的はないのですが、総合的な話からは漏れやすい部分ではあると思います。

ちょっとうまく整理出来ないのですが、極めて大雑把にいいますと、ペダルを踏みっぱなしでも残る不協和を「バスの連続を優先し、それと不協和になる上声部は弱く弾く」・・・この整理自体まだまだ甘いのですが・・・ことで解消する術を古典派から前期ロマン派の作家は意図していた、といった類いの話でして・・・ここからイメージ出来る音響世界には、しかし残念ながら今日の私達(少なくとも素人)は接するチャンスがないからなんともイメージしきれない、という歯がゆさがあります。

シューマンの管弦楽書法はシューマンがピアノの作家だったことを抜きにしてイメージしきれないはずのところを、他の器楽の奏者である私達は彼のイメージよりクリアに考えすぎていないだろうか、という、素朴な疑問です。シンコペーションによるずらし、混ぜすぎてそのままだとグレーになる主題(これらで実は真っ先に念頭に浮かぶのは、むしろ「ライン」であったり第4の<これじゃあダメオケじゃあぜったいにきこえねー>ヴァイオリンソロだったり、と、決まったパターンは念頭にありませんでした。それらをアタマでイメージした時と実演するときに感じる「あれっ?」という差異については、どうもシューマンはピアノで弾いたら(当時の楽器でも状態さえ良ければ絶対良好に聞こえたはずの)倍音の豊かさやペダルによって残った響きの味わいをそのままオーケストラに持ち込める、と信じ込んでいたんじゃなかろうか、と、これはシューマンを演奏するたびにはたと考え込むことなのではあります。

ただし、シューマンのピアノ音楽の自筆譜(ちゃんと見たことはありません、こんど森の情景が出るようなので密かに狙っています)はショパンのものに比べるとペダルの使い方については大雑把らしいので、、ショパンについての記述を援用出来るかどうかは分かりません。

・・・ということを、またわけも分からず綴りました。

・・・くれぐれも、お手柔らかに!!!
(^-^;


あ、音を2度打ちしてペダルで後続音の響きをのばす、という事例は、もしシューマンの音響感も現在の常識とは違っていた、という前提に立てば、「森の情景」の仮の音楽だったかしら、あれなど本来はそういう含みがあるのではないか、ということがアタマをちらついたのを申し添え忘れました。
また調べてみます。
先の本で言いますと、14頁のリスト作品の不思議な例やハンガリー狂詩曲の2番冒頭の本来の奏法などが、シューマンではもっと未整理に現れてきはしないでしょうか?
ゲノヴェーヴァでは、やっぱりそういうものとは違うのかなあ・・・

kenさん

有り難うございます。
とても興味深い考えです。
そういった意味であれば、ペダル効果という事はありえると思います。
局部的な効果ではなく、それによって生み出される音響体そのもの。。。

「ゲノフェーファ」に関して言うなら、特に私が書いた部分ですが、1st VNはまさに、

>>>ダメオケじゃあぜったいにきこえねー

という箇所です。いや、駄目でなくても聞こえませんが。それ故に、事実としては奇妙な輪唱なのですが、そのようには聞こえません。であればこそ、kenさんのお考えは十分ありえると思います。
その事を念頭におきつつ、セイモアの本を読み、次回に備えたいと思います。

ただ、、、ひとりのわがままな指揮者としては、あの聞こえない「ズレ」を「ズレ」として追いかけ、そこにシューマンがオペラの精神的ドラマを象徴させたという考えを捨てるわけにもいかないのも事実です。そのへんのところは、ご容赦下さい。

有り難うございました。
また宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« お辞めになるそうです。 | トップページ | ノリントン来日せまる。 »