フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« シューマン作曲:オペラ『ゲノフェーファ』作品81(完) 序曲について | トップページ | 告知:コンサート、5月16日 »

2010年4月22日 (木)

ノリントン来日せまる。

年末にも書きましたが、

http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-0cf7.html


サー・ロジャー・ノリントンとシュテュットガルト放送交響楽団がもうすぐ来日します。

5月12日(水):横浜みなとみらいホール 19時開演
5月13日(木):サントリーホール 19時開演

曲目は

横浜が

ハイドン:交響曲第一番
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルジャーク:交響曲第7番

のはずですが、横浜の方がブラームスがハイドンの「時計」と表記しているサイトがあり、ちょっと?です。

サントリーが

ハイドン:交響曲第一番
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
エルガー:エニグマ変奏曲

エルガーは以前シュテュットガルトでライブを聞いていますから断言しますが、素晴らしいです。
またサー・ロジャーのドボ7は貴重です。

私は両日ともに行く予定ですので、会場で見かけたらお声をお掛けください。
ノリントンは今シーズンで主席の座を退くので、このコンビでの来日は最後になるでしょう。

それはつまり、本当に長い年月をかえて磨きぬかれたピュア・トーンを聴ける最後のチャンスという事です。
ノリントンが止めたあとカメラータ・ザルツブルグがもう出来なくなっているのを聴くにつけ、本当に最後のチャンスだと思います。

« シューマン作曲:オペラ『ゲノフェーファ』作品81(完) 序曲について | トップページ | 告知:コンサート、5月16日 »

Information」カテゴリの記事

コメント

君の敬愛する師匠だね。

聴きたいものだ。

とりあえず、CDではどうだね?
すごいよ~

いや、まずは生だな。

行ったら素晴らしい体験になるとおもうよ。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノリントン来日せまる。:

« シューマン作曲:オペラ『ゲノフェーファ』作品81(完) 序曲について | トップページ | 告知:コンサート、5月16日 »