フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

ハイドン・コレギウム練習報告 2010年6月26日(土)

10月10日のコンサートに向け練習を開始しました。

音名は英語表記を通します。したがってHはBです。
ドイツ表記のBはBbと表記します。

練習曲目:交響曲第1番、同18番

練習内容:交響曲第1番の第一楽章を中心に練習。あとはさらっと通す。

それにしても素晴らしい1番をハイドンは書いたものである。

勿論最初期の曲の一つとして考えるべきだとは思うのだが、それにしても何と魅力的は曲だろうか。

曲冒頭はバス線(ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ファゴット)はTonicのDを連打するのみ。

分厚いDペダル。

その上に1st ヴァイオリンがD majorスケールで上に上がるだけ:D-E-F#-G-A

この間2小節。すでに次に何が起こるのかと待ち構える自分いる。

ハイドンが何を仕掛けてくるのか。

第3小節の頭はB。Aからあがってきた。

やっとTonicの構成メンバー以外の音が強調されたがバスはあいかわらずDのまま。

G64の和音になっている。

このとき1stヴァイオリンはいわゆるターンをする(B-A-B-C)。

初登場のLeading toneがいきなりナチュラル!

そして即座にC#をアクセント気味にpoco f。

第4小節の頭でDに到着。

開始のDから1オクターブ上がってきた。

次は?

と思うまもなくなんとさらに上昇!

一気にもう1オクターブ上のDへ!

この間はバス音はDを連打し続けているだけ。

6小節かけて2オクターブD majorのスケールをあがっただけなんだが、

音にするとなんとまぁドラマティックなことか。

何時間リハーサルしても飽きることないだろう。

ハイドンは楽しい。

2010年6月17日 (木)

就任なさるそうです。

Yannick Nézet-Séguinさんがフィラデルフィア管弦楽団の音楽監督に2012から就任なさるそうです。

まだ35歳の俊英。


現在NYタイムズの記事を翻訳中です


6月22日追記:

ひ~忘れてました!

ヤニック・ネゼ=セガ、この人気急上昇中のカナダ人指揮者(ほとんどアメリカでは知られていない)はフィラデルフィア・オーケストラ(ここのところ絶えず問題が発生している)の音楽監督という大きな名誉を勝ち取った。

フィラデルフィアは日曜日にこの任命を発表した。これこそ継続的な経済的そして組織的問題を解消する最終的な要素とするつもりのようだ。

今回の任命により2006年より続いていた不確実性を終わらせる事が出来る。すなわちオーケストラがエッシェンバッハ(2006年時の音楽監督)が2007-08年シーズンからもうフィラデルフィアには戻ってこないと発表した事によっって起こった事態のことである。今はシャルル・デュトワがチーフ・コンダクターとして面倒を見てくれているけれど。


ネゼ=セガ氏は7年という珍しく長い契約を結んだ。向こう2年間は次期音楽監督として2週間、5週間、そして就任(2012年)と同時に8週間滞在し指揮をする事になる。


今日はここまで。

6月27日追記

忙しくって、、、、

もうめんどくさいので、書きたかった所だけを。。。。。

.He joins a select crew of relatively young men put at the helm of major American orchestras in recent years: Gustavo Dudamel, 29, at the Los Angeles Philharmonic and Alan Gilbert, 43, at the New York Philharmonic. The Cleveland Orchestra renewed the contract of Franz Welser-Möst, 49, through 2018.

つまり「最近のアメリカン・メジャー・オーケストラに君臨する比較的若い人達」というところにやはり注目してしまう。

前にも書いたが、

http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/youtube-256b.html


若くて才能のある指揮者をどんどん登用し、長期政権を築けるようにオーケストラと指揮者が一体となっていかなくては将来は暗い。

フィラデルフィアの英断は賞賛に値する。
たしかに35歳は若いけど、これで上記にあるように、

NYフィル:ギルバート(43歳)

LAフィル:デュダメル(29歳)

クリーブランド管:ヴェルザーメスト(49歳)

フィラデルフィア管:ネゼ=セガ(35歳)

アメリカのメジャー4団体が50歳以下の若い音楽監督を置くことになる。

良い傾向だ。

次はボストンかなぁ。。。

2010年6月15日 (火)

終了しました。流山フィル 6月13日2010年

流山フィルの皆さん一年間お世話になりました。

皆さんこの一年で相当レベルアップしましたよ。

おかげで、この難曲ぞろいのプログラムでも良いコンサートが出来ました。

有り難う!

これからも素晴らしいご活動を期待してます!

2010年6月 5日 (土)

ハイドン・コレギウム:奏者募集中

ハイドン・コレギウムでは10月10日のコンサートに向け参加者を募集しています。

募集パート:ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、オーボエ、ホルン、ファゴット

日時:10月10日(日)夜
場所:保谷こもれび小ホール
曲:すべてハイドン作曲、交響曲第一番、
チェロ協奏曲第一番、
あともう一曲(考慮中)交響曲18番に決定しました。

練習:基本ほぼ毎週土曜日の午前か午後
参加費:2万円

ソロ・チェリストとして、ジェレミー・フィンレー氏(http://www.jeremyfindlay.com/)をお招きします。

ジェレミーはノリントンが音楽監督時代のザルツブルグ・カメラータのチェロ首席で、
今はソリストとして活動しているノリントン絶賛のチェロ奏者です。

またゲスト・コンミスとして中島ゆみ子さん(元東京フィルハーモニーコンサートミストレス)も参加されます。

一緒にハイドンを演奏しませんか?
一流のプロと一緒に演奏するチャンスです、ふるってご応募ください。

尚このコンサートはいわゆる一発コンサートです。
このコンサート後にもコレギウムに参加される場合はその時にお申し出ください。

勿論練習の見学はいつでもどうぞ。事前にお知らせください。

宜しくお願い致します。
音楽監督
右近大次郎

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »