フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 鶴の恩返し | トップページ | 負けるわけにはいかない。 »

2011年3月 9日 (水)

終了しました。ハイドン コレギウム第2回演奏会、3月6日(日)

大変多くの方にご来場頂きましてまことに有り難うございました。

前回よりもさらに多くのお客様に来ていただきました。

ハイドンの交響曲2番も10番もおそらく一生ライブで聴くことはないでしょう。

私も再び演奏する日がくるでしょうか?

そうであればこそ、我々は一曲一曲に全霊をかたむけ、可能な限り良い演奏をしなければなりません。

五反田文化センターのホールは響きが素晴らしいのですが、思っていた以上に響きすぎで、

前日のステリハでは教会のような状態でした。

本番当日にオケを舞台奥に移動させたら改善がみられ、

さらにお客様が入ってちょうどよいアコースティックとなりました。

しかし日頃の練習場所からまったくかけはなれば音響への対応は困難を極めました。

そんな中、コンミス宮島華子さんのソロは彼女の誠実な人柄が反映された品格の高い演奏となりました。

またバッハではソプラノの団内ソロ、七田さんとオブリガードを演奏したオーボエの横川君の美しい演奏も

忘れがたいものでした。

今回得た経験を生かし、これからも練習に励みます。

そうです、次回の演奏会が決定しました。

9月23日(金・祝日)午後4時ごろ開演予定

プログラム:
ハイドン交響曲第4番、第37番、チェロ協奏曲第2番

チェロソロはデンマークより若き俊英をお招きしております。

また第1回演奏会でお世話になりました、

中島ゆみこさん(オラトリオ・シンフォニカ・JAPANコンサートミストレス)が

再びゲストコンミスとして登場されます。

勿論ハイドン コレギウム シンガーズも参加を予定しております。

さらに楽しいプロジェクトが開始される予定です。

詳細が決まり次第発表いたします。

何卒第3回演奏会も宜しくお願い致します。

18世紀音楽研究会ハイドンコレギウム音楽監督
右近大次郎

« 鶴の恩返し | トップページ | 負けるわけにはいかない。 »

報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終了しました。ハイドン コレギウム第2回演奏会、3月6日(日):

« 鶴の恩返し | トップページ | 負けるわけにはいかない。 »