フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« Marga Richter: Riders to the Sea; Kyrie | トップページ | 終了しました。ハイドン コレギウム第2回演奏会、3月6日(日) »

2011年3月 3日 (木)

鶴の恩返し

もう10年くらい前になるかと思うのですが、レコ芸。。。だったと思いますが、、、

エサ=ペッカ・サロネンのインタビューを読みました。

そのときは彼が作曲中のオペラの話があり、

確か猿と人間の恋愛物語を題材としているとか言うお話でした。

「今時禁断の恋なんて人間同士ではないからさ。。。」

的な発言をしていて、当時、、「趣味悪」と思った記憶がありました。

でも、「鶴の恩返し」は、そうです、動物と人間のラブストーリーなんです。

悲劇のね。

だれが、昔話にこんなリアリティを持たせるなんて考えるのだろうか。

本当に驚いた。

女性の皆さんは男を甘やかす事は避けてください。

いつか与ひょうのように、なってしまいます。

お金とかに目がくらむのさ。

つうは2つ織物をして、与ひょうに「一つは私だと思って手元に置いておいて欲しい」と頼みます。

自分には与ひょうがそれをキープするとは思えない。

確かに与ひょうはつうを失ったことを嘆くけど、どれだけ続くだろうか。

幸い?与ひょうはつうが鶴であることを理解した様子がないので、もしかしたらとも思うけど。

いや、思いたい。男だってそれくらいの優しさはあると思いたいから。

逆に男は、自分のパートナーの価値をちゃんと見出すようにしないと、

失っちゃうよって事を理解しなければ。

オペラを鑑賞している間中

「バカ、与ひょう、止めろ」の連発でした。

つうがかわいそうであること、そして与ひょうが失うことがわかっているだけに。。。

結局このオペラは誰も幸せにならない。

少しづつ、全員が不幸になっていくというオペラ。

あんなに献身的なつうが不幸になるところが、シュールであり、また現実味をいやがうえにも増幅するのだ。

つうって名前は鶴ではなくて、痛、から来ているのだろうか、、と思うほど。。。

« Marga Richter: Riders to the Sea; Kyrie | トップページ | 終了しました。ハイドン コレギウム第2回演奏会、3月6日(日) »

音楽見聞録」カテゴリの記事

コメント

つうのような思いを出来る女性って今の世の中にいるかな?
日本の古風なおんなの姿。やっぱり美しい。

びおろんみーさん

「思い」という点ではどうかと思いますが、いつの時代にも、貢いでしまう人は、いますよね。これが危険だと思います。「鶴の恩返し」はそのことの警告だと思います。

それはたしかに言えますね。。貢いで捨てられてなんって艶歌の世界。
でもつうは自分から飛び立っていったのです。知恵をもっていたのです。
その知恵芯の強さこそ古風な女性の姿かも!?

そうですね。つうが去っていったのは良いことです。男はちゃんとしない捨てれらるよという事でもありますから。
それにしても、鶴の恩返しですよ。一体全体どうやったらこんなヒューマンストーリーが考えられるのか。凄いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴の恩返し:

« Marga Richter: Riders to the Sea; Kyrie | トップページ | 終了しました。ハイドン コレギウム第2回演奏会、3月6日(日) »