フォト
無料ブログはココログ
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

明日火曜日はサントリーホールで演奏会です。

以前書きましたが、20日は演奏会です。
下記をご参照ください。

http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/920-de60.html

今日はオケ練習・オケ合わせでした。

上手くいきました。

サントリーではどんな響きがするでしょうか。

楽しみです。

今回はメインのグヴィ「レクイエム」について少しだけ書きます。

本邦初演となる「レクイエム」の作曲者、ルイ・テオドール・グヴィーは1819年、
当時仏領であったゴフォンテーヌ(現ドイツ領ザールブリュッケン)で生まれました。

彼の作品は当時フランスでは受け入れられなかったものの、
ベルリオーズはその才能を認め、擁護していたようです。

またドイツにおいてはヨアヒム、ライネッケ、そしてブラームスが高く評価していました。

今回演奏される「レクイエム」は、大変美しい作品で、グヴィーが受けた影響をはっきり聞き取れます。

すなわち、ヴェルディ、モーツァルト、シューマン、メンデルスゾーン等の音楽をこの「レクイエム」から

聞き取る事ができます。

しかしそれはグヴィーの没個性を表してはいません。

この(友人の表現を借りるなら〈クレイジー・キルト〉のような)曲は、

クレイジー・キルトがそうであるように、

1つの個性的な作品であり、

パッチワークのようでありながら、

完全にひとつの有機体として

「完成」されています。

〈つぎはぎ〉のイメージは、したがって、うかんできません。

「あぁ、これはヴェルディ、これはメンデルスゾーン〉というような感想を局部的に持つことはあっても、

聴後の感想では〈ひとつの確かな個性〉を聞いたという手応えを得るでしょう。

郡司先生の棒のもと、延べ280の合唱団はどんな歌を聞かせてくれるのでしょうか。

楽しみにしています。


2011年9月15日 (木)

たまには長く呟いてみよう

ここ数日は、

演奏予定の全く無い曲(マーラー「復活」、シューマン4、「英雄」)や、

Led Zeppelinを聞いて過ごした。

久しぶりに座って語らい、

小説を手に取り、

運動もせず、

書き物をしていた。

演奏会の事は頭になかった。

音楽を考えなかった。

ただ、受け入れていた。

絵を見、

彫刻について想った。。。

モダン・アートを楽しみ、

これ買おうか、買うまいかと悩み(結局買ってない)、

これ食べようか、食べまいかと悩み(結局食べた)、

スコアを手に取る事が無かった。

今、

心が音楽を求めている。

音楽に飢えている。

能動的に、音楽をする事を欲している。

時は来た。

スコアを開き、

曲に没入しよう。

よっしゃーーーー



 


2011年9月11日 (日)

告知;コンサート、9月23日(金・祝)

ハイドン コレギウム第3回演奏会のご案内です。

今回は名ヴァイオリン奏者中島ゆみこさんを再びゲストコンミスとしてお迎えし、
デンマークから将来を嘱望されているチェリスト、エリック・ウィリアムス氏と
名曲チェロ協奏曲第2番をお送りいたします。
また、ピアノソナタのシリーズも開始致します。
ピアノはチェコで学ばれた淵本女氏。
勿論合唱曲・交響曲もあります。

当日券15枚用意しております。
変化に富んだプログラムをご用意させていただきました。
是非お越しください。


18世紀音楽研究会
ハイドン コレギウム
Haydn Collegium Players and Singers

第3回演奏会


◇ハイドン作曲◇

ピアノソナタ第 20番ハ短調 Hob.XVI:20
交響曲第37番ハ長調 Hob. I/37
交響曲第 4番ニ長調 Hob. I/4
チェロ協奏曲第2番ニ長調 Hob. VIIb:2

◇JSバッハ作曲◇
モテット "Jesu, meine Freude" BWV 227


■特別ゲストコンサートミストレス:中島ゆみこ(現オラトリオ・シンフォニカ Japan コンサートミストレス)
■チェリスト:エリック・ウィリアムズ(北欧の若きライジングスター)
■ピアニスト:淵本祐子

2011年9月 23日[金 ]

開場 17時30分/開演 18時

五反田文化センター

東急目黒線「不動前駅」から徒歩 7分(五反田駅、大崎広小路駅からも歩けます)

全席自由 1,000円

チケットお問い合わせ:カンマザール TEL 042-522-3931
主催:18世紀音楽研究会 


« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »