フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2014年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年3月

2015年3月27日 (金)

音楽復興支援コンサート(終了)

認定特定NPO法人おんがくの共同作業場による
音楽復興支援コンサート終了しました。
正確な数字は分かりませんが、
9割ほどの入りのように見えました。
本当に多くの方にご来場いただきました。
感謝致します、ありがとうございました。

当NPOでは、来年も復興支援演奏会開催を
予定しています。
継続してご支援ご協力お願い致します。
また、地雷で傷ついたアフガニスタンの子供達に
車椅子を送り、車椅子のメンテナンス迄サポートするベネフィットコンサートなど、年間を通して、
合唱曲の演奏会(その多くはオケ伴奏付き)のサポート及び開催をし、音楽人口の裾野を広げ、その素晴らしさを伝えるために活動しております。
是非一度ホームページをご覧いただき、
ご支援の程ご考慮いただけますと幸いです。
演奏会へのご来場・合唱団へのご参加を
お待ちしております。

http://gmaweb.net/npo/sagyouba/what's-new.html

何卒宜しくお願い致します。
認定特定NPO法人おんがくの共同作業理事、指揮者、
右近大次郎

2015年3月25日 (水)

音楽復興支援コンサート

認定NPO法人おんがくの共同作業場では、震災直後より 継続して音楽復興支援コンサートを開催しています。
音楽家に何が出来るのか。長年アマチュア合唱団とともに活動をしてきた代表理事の郡司博先生が出した答えが、アマチュア演奏家のサポートでした。
1周年の演奏会では、被災地より合唱団をご招待(交通費、宿泊費用はこちら持ち)し、杉並公会堂大ホールで演奏会を行いました。
以後、多くの方のご支援、募金に助けられ、3年目には、こちらから指導者を派遣する形で合唱団を会津で立ち上げ、和合亮一さんの詩による新実徳英さん作曲「つぶてソング」を練習し、新宿文化センターにて、共に声を合わせました。子供達にも同様の機会をという思いが、上田真樹さん作曲の「あらしのよるに」の演奏につながり、東京と現地の子供達が一緒に歌い、あっという間に友情を育みました。演奏会終了後のお別れで見せた涙がそれを物語っていました。
そして今年、昨年の演奏会終了後に、参加者の方々によって会津で自発的に「つぶて合唱団」が設立され、明日
3月26日18時45分より、再び作曲者の新実先生指揮による「つぶてソング」及び「あらしのよるに」の演奏会が、池袋の芸術劇場大ホールにて行われます。
詳細は添付資料をご参照下さい。
趣旨にご賛同していただいた多くの団体が参加しての合同演奏会です。
演奏会場を失い、練習会場の確保もままならなかった1年目から、ここまでの道程、輪が広がり、団体が発足されるなど、少しづつ、前進して来ている事が感じられます。
可能な限り多くの方々に、そのエネルギーを会場にて感じ、分かちあっていただきたいと切に思う次第です。
お時間ありましたら是非お越しください。
また認定NPO法人おんがくの共同作業場では、活動へのご支援をお願いしております。
下記リンクをクリックしていただき、ホームページにて詳細ご確認いただけますと幸いです。

http://www.gmaweb.net/npo/index.html

何卒宜しくお願い致します。
認定NPO法人おんがくの共同作業場理事、指揮者、
右近大次郎

2015年3月12日 (木)

a Moment to think

A moment to think

On the 4th anniversary of the great East Japan earthquake, I gave a moment of silence at 14:46. I noticed that nobody around me didn't seem to care what I was doing and continued drinking, eating, talking.

So many donated money, spent time as volunteers and purchased products from supposedly radio-contaminated regions to help the people there. And those actions seems to be unstoppable. There have been, are and will be enormous amount of effort and support for the people and to the area so that they get better as soon as possible. I have full respect towards these people who are making the difference and progress.

Meanwhile, there is a report from Asahi Shinbun saying that almost 70% of the people living there feel they are forgotten even though the recovery is far from being completed. As mentioned, total strangers around me seemed not to care. But a friend of mine told me that in his office there was an announcement mentioning the tragedy and took a moment of silence.

There are differences among people how much they care or could care.
Each and every person has their own life to take care. There are people including myself who simply are incapable of contributing time and/or money to the recovery or avoid thinking of it. I thought, though, undertaking the recovery action supposed to be done by so called, "All Japan."

People live for now and future so much so that they connect to the past which they lived only occasionally.

As a classical music musician dealing most of the time with the works from the past. I am used to think and research the history. However, the result of our thoughts and research must be connected to the present, people living now. And hopefully that is passed on to the next generation. This is, I believe, a part of ability of any traditional art, connecting the past and the present, making people aware of the things happened in the past and giving opportunities to remember and/or think that there are damages in nature, creature, and above all in human being. As a result after a concert, one could become a different person.

« 2014年5月 | トップページ | 2015年7月 »