フォト
無料ブログはココログ
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« Requiem for the Living | トップページ | マーラー「大地の歌」について »

2015年7月27日 (月)

解説: 生者のためのレクイエム

以下は、
作曲家ダン・フォレスト氏のホームページ(danforrest.com)に掲載されている彼のRequiem fro the Livingの解説の抜粋翻訳である。抜粋箇所は、本ブログの筆者が任意で行った。翻訳のミスや、稚拙な日本語はすべて筆者に起因する。


全体としてこの曲は死者だけでなく生者にも安息(レクイエム)を求める祈りです。それは、「彼らに安息をお与えください」というよりも、「我らに安息をお与えください」、ということです。
曲全体は冒頭に提示される3つの音で構成されるモチーフによって強く繋がっています。例えば、第1楽章の展開部の基礎となっていますし、第2楽章(歌詞は用いていないものの、伝統的なDies Iraeを暗示しています)の伴奏形の音素材や、第4楽章の冒頭(明白ですね!)、そして下降音型がもう1音先に行き、目的地/ゴール(もしくは安息という言葉が望まれるかもしれませんが)に向かい始めます。第5楽章の再現部にあたる部分もこのモチーフで満たされますが、最後の最後にこの3音モチーフは下降せず、上昇する動きを見せます。それはあたかも、天国に到着したかのように。

第1楽章は、Requiem(安息)とKyrie(憐れみ)を求め祈る者の嘆きを吐き出しています。
存在する人類全てに共通する悲しみと格闘する嘆きを正面から見つめています。


第2楽章は、我々がいつも戦っている痛みの問題を身を切るように激しく表しています。痛みは、多くの人々の信念や信仰に危機をもたらしますが、
この楽章は、「何とむなしいことか、すべてはむなしい」という(旧約聖書の中の)伝道の書を反復し、怒りと苦しみの意味を解き明かします。
中間部はヨブ記を引用します。ヨブは聖書に現れる人物の中で、痛みの問題における最高の例です。それは彼が、その最も暗い(辛い)時には、「生てこなければ良かった」とさえ言ってしまうからです。

第3楽章は、伝統的な順番から逸脱して、Agnus Deiです。曲全体が持つストーリー性において、ここで私は、(前2楽章で示された)嘆き、痛み、崩壊などの全ての失敗から人類を自由にしてくれる神の小羊と出会う必要があるからです。

このストーリーに於いては、やはり神の小羊を認識した後で、遂にSanctusに向かえます。通常の典礼における順番では、SanctusはAgnus Deiの前奏曲となりますが、ここでは、返事となります。興味深いことに、この意味において、「天国と地球(大地)はあなたの栄光で満たされています」という歌詞を単に礼拝の瞬間としてだけでなく、痛みの問題に対する1つの聖なる解答として見るのです。もう1度ヨブ記を見てみましょう。痛みの問題に対する神の返答は、文字通り、「見なさい、私の創造の仕事を、私の超越するパワーと荘厳を!」です。
そして当然ヨブは、それを認識することによって、謙虚な気持ちを持ちます。ですから、ボーカルスコアのこの楽章の頭のところに、ヨブ記38章からの引用を載せました、「私が地の基礎を定めた時に、お前は何処にいたのか?…中略…星々が共に歌い喜んだ時に?」
というわけで、もうお分りかと思いますが、この楽章は天と地の奇跡(pleni sunt caeli et terra gloria tua)を痛みの問題に対する聖なる答えとして表現しています。私がSanctusのテキストにつけた音楽は、文字通り神の驚嘆すべき栄光を3つの場所で描写しています、すなわち、宇宙(ハッブル宇宙望遠鏡による超深宇宙領域の写真からインスピレーションを受けました)、宇宙を周回している国際宇宙ステーションから見た地球(YouTubeにある素晴らしい光(都市の、国の、河の、嵐など)の映像の数々!)、そして最後に人、神の驚嘆すべきイメージであり、天国の全ての奇跡よりも更に直接的に神の栄光を証明する人類です。
上記3つの思考が、この楽章の3つのセクションの源泉です。ハッブル写真のように霊妙なセクション、それから、「地球に降りてきて」で始まるもっと暖かいセクション、動きを伴いながら徐々に荘厳なっていきます。そしてそれから賑やかなエネルギーの最終セクション、生とメトロポリスのエネルギーに満ちた都市の中心に降り立ちます。そこにいるのは、神のイメージであり、天国そのものより偉大な神の創造物である人間なのです。

終楽章は端的に言って、安息や平和への到達になります。神からの永遠の光が、神を求める者に与えられるというだけでなく、今、ここで、この地球に生きる我々、生きとし生けるもののための安息(我らのレクイエム)が、神の中に見つけられるのです。私は意識してマタイ伝11章28節を引用しました。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
なぜなら、これが入祭唱における安息の祈りへの答えだからです。キリストこそが、我々の安息であると。
そのために、英単語の「rest」と「Requiem」が同時に歌われるようにしました。スコアでご確認いただくか、演奏の時に聞いてください。テノーソロの終わりとともに合唱が、Requiem aeternamとラテン語で再び歌いだす箇所です。
そして言うまでもないことかもしれませんが、オーケストラの最後の上昇する3音はメタ動機であり、安息への祈りに対する音楽による最終的な答えです。そう、見つけたのです。遂に扉は開かれたのです。

« Requiem for the Living | トップページ | マーラー「大地の歌」について »

文化・芸術」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532928/60918801

この記事へのトラックバック一覧です: 解説: 生者のためのレクイエム:

« Requiem for the Living | トップページ | マーラー「大地の歌」について »