フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

録音

2011年3月 2日 (水)

Marga Richter: Riders to the Sea; Kyrie

2006年にアメリカで録音したものが、やっと発売されました。

http://www.leonarda.com/le358.html

録音については、、、


レコーディング Remembered! 1
http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/remembered-5077.html

レコーディング Remembered! 2
http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/rememberd-deb0.html

レコーディング Remembered! 3
http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/rememberd-6a2b.html

レコーディング Remembered! 4
http://dialzero.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/remembered-da40.html


待つこと4年、ようやく発売。

でもアメリカのインディーじゃぁ日本には。。。どうだろう。

そして、なんと、まだ私も聞いていません。

早く到着せんじゃろうか。。。。

2008年11月 7日 (金)

レコーディング Remembered! 4 

めでたく終了しました。

ところが、編集する機械が壊れたとかで、いまだに編集は終わっていないらしい。

発売は、、、、するんだろうか、、、、

レコーディング Remembered! 3

この頃、ニューヨーク在住のコントラバス奏者(いとこです)から言われました。

曰く

「こっち法律でリハーサルは一回3時間迄とし、その3時間の間に30分の休憩をはさまなければならない」

そんな休憩は、、、、、、、、、、、、、、、、、なかった。

6時45分から夜中の12時半まで、一回の休みも無く、

コーヒーとチョコレートしか口にいれず、

ほぼ規定の倍である6時間連続労働でした。

最後のほうはさすがに膝が、半分笑ってた。 

さて、夜中の12時15分頃、突然ハープを弾いていた最年長のスーザン ジョールさん

(高名なハーピストでMETで仕事をしていました)が、昔話を始めました。 

曰く 「私があのグラミー賞をとった ジョージクラムの曲を録音した時なんか、徹夜しても終わらなかった。私は徹夜明けのままお昼のコンサートをやってからスタジオをに戻ってきて録音を再開したのよ。」 

この話が皆に勇気を与えたのは言うまでもない、、、はずだった。

一人だけ、この話を聞いて、切れてしまった。

彼女は言った。

曰く、「私は12時まわると思考回路が停止するの!」

そして帰っちゃったのでした。

12時30分、レコーディングは、あえなく終了した。
それにしても、体力勝負な世界ですね。

レコーディング Remembered! 2

オぺラなので、テンポがガンガン変わります。 
しかも相当微妙な、難し変わり方をします。 
例えばメトロノームで46の速度から突然48になります。
びみょーです。 
この違い、もしメトロノームをお持ちでしたら、試してください。
本当にすごーく微妙に早くなるのです。
46から60なら、ハッキリ速くなるんですがねー。 
マーガさんはこの微妙な変更が好きなようで、そこらじゅうに有ります。
さて私はどうしたでしょう? 
本当にすごーく微妙に指揮棒のスピードを早くするのが理屈に会うでしょう。
ところが、そうしたら、速くなり過ぎちゃったんですよ。
そこで、指揮棒のスピードを全く変えずにやってみました。
するとなんと!
うまくいきました。
つまり、全員早くなろうとして走り過ぎるところを、抑制する効果が指揮棒のスピードをか
えない事で生まれたのです。 
全く指揮するってことは、
                   心理戦
なのさ。

レコーディング Remembered! 1

ちょっと古い話で恐縮だ、、、2006年5月の話、、
アメリカの女流作曲家 Marga Richter(マーガ リヒター)さんのオペラ、
Riders to the sea
の録音をした時の話。
ニューヨークの教会での録音。
大変でした。
飛行機や、車のクラクションの音や、はたまた隣で、打楽器アンサンブルは、リハーサルするは。。。
マイクセティングのために果てしなく何回も同じところを演奏させられたたり。
他にもいろいろなトラブルがあり、結局、レコーディングに費やした20時間は、パーです。
 
たかだか一時間のオペラなのに、、、
特に問題だったのは一部の歌手!
アコーディオン弾き!
歌手はちゃんと練習してきてないのか、音がとれない!
アコーディオンのおっちゃんは興が乗ってくるとすぐ大声で自分のパートを歌う!
かわいそうなマーガさん。 
9月にもう一度やる約束をしてとりあえず、エンド。