フォト
無料ブログはココログ
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

Mozart

2008年8月30日 (土)

モーツァルト作曲 交響曲第41番 「ジュピター」

交響曲第41番 "Jupiter"の第4楽章のファゴットパートにミスがあるという。

これは指揮者のBruno Weil(ブルーノ・ヴァイル)が提唱したものだ。

要約すると

255小節以下ファゴット・パートにト音記号を付加するのを忘れた

と言うのである。

リリースされたCDのブックレットに詳細が書いてあるので、図書館から借りて読んでみた。

結論から言えば、

疑問をはさまざるを得ない。

1.ト音記号?

ト音記号なら当然このFはファゴットには高すぎるので、実際になる音は1オクターブ

下のFと言う事になる。

私はそのようなト音記号の使い方をファゴットに使った例を聞いたことも見たこともない。

モーツアルトはこのような記譜を他で使っているのだろうか?

それともこれは18世紀の常識の範囲だったのだろうか?

これはそのような記譜法を他の場所から持ってきて証明すべきである。

どなたかご存知ですか?

2.何処まで?

ここでは255小節以下と書いてある(あとの方で突然253からと記してある)。

しかしどの小節からヘ音記号に戻るか書いていない。

ちなみにモーツアルトがもしト音記号を書き忘れたのなら、

ヘ音記号も書き忘れた事になる。

2重のミスを犯したことになる。

このような2重ミスをモーツアルトが犯したというのなら、このスコアそのものの完成度に

たいする疑問が浮上する。

個人的には259の半分までがト音記号と言う事になるだろう。

259小節以下をト音記号で吹けば間違いなのはすぐわかるからだ。

3.こっちがミスではない?

253がト音記号だとファゴットの音がEとGになる。従来はここの箇所、ヘ音記号読みでGと

Bなので(失礼、ドイツ語風ならH)、オーボエが吹くBbとぶつかる。和声的に見てもここは

Bbが正しいので、従来はモーツアルトがbを書き忘れたとされてきた。

ト音記号ならこの箇所は和声的に問題が無くなるので、モーツアルトはbを書き忘れたの

ではない、と言う事になる。

作曲家が臨時記号を総譜に書き込まない・書き忘れる例は事ない。

原点版をみればどれだけ多くの( )にはさまれた臨時bや#を見かけるかは

ミュージシャンのかたならだれでも知っている。

言ってみればこのようなミスは平凡で、意図的ともいえるのである。

つまり、単なる省略。

したがって臨時のト音記号を入れ忘れるというのとどちらが起こりやすいかは明白だ。

さて、ではト音記号で演奏すると実際に何が変わるのだろうか?

ヴァイルはこの箇所を「モーツアルトではなく、ドビュッシー風に響く」と言っている。

それが今回、彼的にはドビュッシーからモーツアルトに戻すと言う事になるらしい。

本当にそうだろうか?

ト音記号だと、254の和声に問題がでるのである。

従来とおりなら、FMajorにGのSuspensionが入ったものなのだが、

ト音になると、EとGの2重Suspensionになり、響き的にはぐぐっとドビュッシーに近づいてし

まう。これはどうするのか?しかもこのE、従来どおりなら、存在しない音だ。

しかも!

255からでも和声進行に何の影響も及ぼさないのである。

なぜならファゴットの吹いている全ての音は他の楽器によって演奏されているからである。

フルートとセカンドヴァイオリンである。

つまりファゴットの音はモーツアルトが意図した和声の範囲なのである。

すなわち、もしそのドビュッシー的な響が、この記号変更によって消えたのなら、

それは和声からは来ていないのである。

では何が変わるのか?オーケストレーションの変更により、各音のバランスが変わる。

ト音記号での演奏ならファゴットはトランペットとホルンとダブル。

つまりその存在感は薄れる。

結果として、「少しだけ混濁感がなくなる」であるが、実際には「殆ど変わらない」というの

が、ヴァイルのCDを聞いてみての感想である。

ちなみにヴァイルも言及している通り、提示部における平行箇所は、ファゴットはトランペ

ットとホルンをダブっている。

これもト音記号の正当性を主張する材料なのである。

つまりこのほうが論理的というのである。

しかし!

天才作曲家達が平行箇所でありとあらゆる非論理的な非整合性を用いるのは

日常茶飯事だ。

原点版を日常的に使用し校訂報告を見れば、作曲家が同じパッセージに違う

アーティキュレーションを施すなどの、一見ミスのように見えるバリエーションを与えるのは

よくある事だ。

これまでの議論をまとめてみよう。

1.? ファゴットにト音記号使用、しかも実音は1オクターブ下。そのような他の例は?

2.2重ミス!

  モーツアルトはト音記号だけでなく、どこでヘ音記号に戻るのかの指示も書き忘れ。

3.従来のbのつけ忘れは一般的な省略方法と言っていいほど普通のこと。

4.基本的に和声に変更なし。サウンド的にも殆ど変化なし。例外は254小節の和声。

  ここだけ逆効果で、さらにドビュッシー的音響になってしまう。

以上の理由で私はヴァイルの主張に同意しかねる。

思うに、ヴァイルはこの箇所というか、この楽章の書法を理解していないのではないか。

この楽章はモーツアルトのフーガ書法に対する最終回答なのである。

単旋律で良く歌う、ホモフォニックな書法が特長のモーツアルトが多声書法で使われる

フーガを使って築いた一代金字塔である。普通なら、多声書法の旋律はどれも、

あまり良く歌はない。

あまり歌える旋律にはならないのである。

しかしこの楽章では、全ての線が、あたかもオペラで使えるような旋律ばかりだ。

このような融合はモーツアルトにしか、

いや晩年の、バッハ体験を通した後のモーツアルト以外には出来ない芸当であろう。

しかしそのモーツアルトでも避けられない事がある。それは偶発的な不思議な縦の響きである。

バッハのフーガをピアノで練習した事のなるかたなら誰でも、経験していると思う。

ゆっくり弾いていると、頻繁に「これ本当にあってるのかな?」と思う箇所に遭遇する。

各声部の動きはまったく問題ないのだが、それら複数の声部をゆっくりと同時に引くと、

時々縦の響きが不思議な音響になる。これは和声の連結(縦の響きの連結)よりも旋律

的美しさ・論理性(横の流れの連結)が優先されるので、起こる現象だ。

通常は、演奏テンポで弾くとこの不思議な縦の響きはまったく気にならなくなるのだが、

ヴァイルはこの箇所で突然現れた響きに違和感を感じたのだろう。しかしそれは彼が、

この楽章を和声連結に比重を置いて聞いているから起こるのだろう。

私はこの箇所をかつて一度として、「ドビュッシー的」と思った事はない。

しかし圧倒的な旋律の洪水として聞き、常に、モーツアルトが書いたもっとも複雑にして充

実した箇所の一つだと思っている。